top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

和声を学ぶ@4年生

音楽はリズム、メロディー(音)、ハーモニー(和音)の3つの要素で成り立っています。

リズムや音は習うけど和音はレッスンでも扱えないことが多いですが💦

和音が分かっていると


・楽譜にたくさん音符が書かれていても構造が分かるので、音符を一つ一つ読まなくても良くなって譜読みが早くなる

⁡・メロディーに好きな伴奏を付けて弾けるようになる

⁡・他の楽器を演奏する時にコードネーム(和音の名前)を知っていると便利

などのメリットがありますのでレッスンでも取り入れています。

4年生の生徒さんも音符が書かれていなくてもどの和音を使って弾くのか、自分で調べています❣️

楽譜に書き込みをしている生徒さんの写真

最新記事

すべて表示

♪リズム感を身に付ける方法♪⁡

あなたはお子さんに「リズム感を付けて欲しい」 と思いますか? ⁡ リズム感が身に付くと音楽だけでなくダンスやスポーツ、語学など色々なことに役立ちます。 ⁡ そんなリズム感を付けるには⁡ / 小さな頃から色々な音楽をたくさん聴く \ をおすすめします💕 ⁡ クラシックでなくてもジャンルは何でも良いですよ〜お好きな曲でOK♪ ⁡ お歌もたくさん歌って欲しいです。下手でも良いのです☺️ 子どもはお母さ

2拍子のダンスとリズム@年長さん⁡

足で2拍子のダンスステップをしながら手で♫♩と打つ「複リズム」の活動です。 ⁡ 手と足が同時に違うことをするのは初めは難しいですが、慣れてくると楽しくなります😆 2つの違うリズムを身体で感じ取る経験は、両手で違う動きするピアノを弾く時に役立ちますよ♪ ⁡ 年長さんの生徒さんも初めてやってみました。頑張っています❣️ ⁡

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page