top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

60点のテストの褒め方

子どもがテストで60点を取ったとします。

そんな時「どうしてこの問題を間違えたの?」と言っていませんか?

⁡ついできなかったことに注目してしまいますが、まずは解けた問題を褒めることが大切です。

「漢字が満点だったね」「四字熟語が得意なんだね」と具体的に伝えた後

⁡「今度はこの問題が解けたらもっと良いね」「どうやったらできるようになるかな?」と一緒に考える。それを繰り返すことでミスを前向きに捉えられるようになります。

有名な学校に受かったからとか、100点だからすごいという条件付きの肯定ではなく、成績が優秀であっても低迷したとしても、それがあなたの価値を決めるものではないと伝えて欲しいです。

大人には数字で測れない子どもの価値を見抜く力が求められています✨

最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page