top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

複リズム@4年生

小学生の生徒さんにもリトミックを取り入れています。



手と足で♩(4分音符)と♪(8分音符)を打ち、「かえて」の合図で手と足のリズムを入れ替えます。



長さの違う音符を同時に身体で表現し、合図で素早く反応して集中力や身体をコントロールする力を養います。また、両手で違うリズムで演奏するピアノにも役立ちます🎹


4年生の生徒さんも楽しく取り組んでくれました♪最後の表情に注目です🤣🤣🤣




最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page