top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

補足リズムのステップ@年長さん

長い音符の間を短い音符で補って打つリズムを「補足リズム」と言います。



補足リズムが理解できていると、いわゆる「裏拍」が分かったり

音符の長さを正確に捉えることができるようになります。



「大きなくりの木の下で」の歌を使って、初めての補足リズムの活動を行った

年長さんの生徒さんです。



歌いながら足は歌のリズムをステップして、手で補足リズムを打ちました。

少しずつやっていきましょう!




最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page