top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

良いところを褒めるコツ

お子さんを褒める時は意識的に「良いところ」に注目するようにしましょう。

例えばピアノでしたら

「今日も練習できたね」

「リズム打ちが上手になったね」など

人より優れているところを見つけようとするのではなく、「できている行動」や「以前はできなかったけどできるようになった行動」を言葉にすると良いですよ✨

当たり前のことだと思っていても口に出さないと伝わりません。

そうやって言われたことは「次も頑張ろう♪」という行動につながっていきます。

ただ、ついやりすぎて「さすが!すごい!」「◯◯ちゃんなら絶対できると思っていたよ!」と大げさに持ち上げられると、「褒めようとしている」ということが伝わって素直に喜べません💦

当たり前にできている「良い行動」を言葉にする。

これだけでOKです❣️


最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page