top of page
  • くみせんせい

自己肯定感が低い時は◯◯が対象になっている

自己肯定感を高めるためには、自分を認めて受け入れていく必要がありますが

低い時は他人にばかり目が行ってしまいます。



他人であれば誰でも良いのなら、自分だって誰かにとっては他人ですから

立場としては同じですよね。



だから、他人でさえあれば良いのなら

誰かにとっては他人の自分が自分を認めても、意味はそれほど変わりないです。



「自分も他人」という気持ちで「自分を認める」を繰り返してみてください。



自信がなくて他人に委ねてきた様々な権利を自分の手に取り戻して

自己肯定感を高めていけば

今よりずっと生きやすくなりますよ!

最新記事

すべて表示

ピアノは弾けるようになるまでに時間がかかります。 なかなか思うように弾けなくて もう嫌だ! 辞めたい( ; ; ) と思うこともあるかも知れないです。 でもすぐにはできないから 何度も繰り返して練習してできるようになっていくものです。 すぐにできないからこそ できるようになったら一生自分のものとなります。 逆に簡単にできるものはすぐに忘れて 何も身に付かないです(;´д`) 弾けるようになるまで

あなたは「ピアノは女の子の習い事」と思いますか? 最近はピアノなどの楽器を習う男の子も増えてきましたね。 教室でも3分の1弱が男子です。 我が家の専門学校生の次男もギターを習っています。 ピアノは他楽器とは違い どんな体格の人でも同じ楽器を使いますので やはり手が大きくて指が長く、力がある方が有利です。 だから本来は男性向きの楽器ですよ♪ この子はピアノや音楽に興味がありそう! でも落ち着きがない

bottom of page