top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

練習を習慣化できるコツ

子どもの集中力は大人ほど続かないです。

子どもは練習が嫌なのではなく、長い間集中できないのです。



子どもが集中できる限界は

せいぜい20分くらいだと言われています。



そうした子どもの特性を考え、隙間時間の練習をルール化しましょう♪



お風呂の前やご飯の前など

「10分だけこの曲を弾いてみよう」

「5分で良いから音符を読んでみよう」

という感じに決め、それを励行していきます。



短い時間で良いので、こうした隙間時間にやるだけでも良いと分かれば

子どもにとっても練習は大変なものではなくなります。



今の子どもたちは忙しいです。

まとまった時間を期待せず、毎日の隙間時間を上手に生かして

ゲーム感覚で練習してみましょう!

最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page