top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

私がピアノの先生になった理由

私は小学生の時からピアノの先生になる!と決めていて、ン10年全くブレることなくここまできました😆



なぜピアノの先生になりたいと思ったかというと、もちろんピアノや音楽が好きで好きなことを一生の仕事にしたいと思ったからなのですが、それよりもっと重要な理由があります。


私はかつてとってもおとなしく引っ込み思案な子どもでした。

勉強も普通、運動はできない、友達とうまく関われず、言動からからかわれることが多かったです。


習い事はたくさんやっていましたが、その中で1番楽しくて周りより上達したのがピアノでした。自分は何もできないと思っていた私が唯一「これならできる」と思えたものが、周りに認められたのがピアノでした。


だからかつての私のように、何かできないことがあったとしても、人より劣っていることがあったとしても、ピアノが弾けることで自信を持ち自分らしく生きていける


つまり

自己肯定感が高い子を育てたいというのが、私がピアノの先生になった理由です。


自己肯定感が高い人は自分を認めることができるので、他人を認めることができます。自分を許すことができる人は、他人を許すことができます。


私自身が子どもの頃いじめられたりからかわれたりすることが多く、誰からも好かれていないと思っていました。嫌われたくなくて周りに合わせてばかりで、疲れていたこともありました💦


でも、自己肯定感が高い人が増えたら、きっといじめや差別、偏見がなくなってみんなが幸せに生きていけるのでは?と思うのです✨✨


私の究極の目標は誰もが自分らしく生きられる社会を作りたいです❣️


最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page