top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

短所も認める

短所を認めるというのは、許可でもなく、承認でもなく、黙認でもなく、同意でもない「子どもの判断」を認めることです。


例えば子どもが積木を高く積んで遊んでいるけど、これから家族で出かけることになったとします。そんな時「片付けなさい」「着替えなさい」と言っても、子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしてしまいますよね💦



まずは子ども自身がやっていることを「高く積めたね」とそのまま認めてあげましょう。

遊んでいるように見えても、子どもは今積木をどうやったら高く積めるのか挑戦中です。


自分でやりたいことを見つけて工夫してできるように、努力していることを認められることで「そのままの自分で良いのだ」と自己肯定感を育てていけるからです。

「認める」概念を変えることで見える世界が変わっていきます❣️



最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page