top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

短所も認める

短所を認めるというのは、許可でもなく、承認でもなく、黙認でもなく、同意でもない「子どもの判断」を認めることです。


例えば子どもが積木を高く積んで遊んでいるけど、これから家族で出かけることになったとします。そんな時「片付けなさい」「着替えなさい」と言っても、子どもが言うことを聞いてくれなくてイライラしてしまいますよね💦



まずは子ども自身がやっていることを「高く積めたね」とそのまま認めてあげましょう。

遊んでいるように見えても、子どもは今積木をどうやったら高く積めるのか挑戦中です。


自分でやりたいことを見つけて工夫してできるように、努力していることを認められることで「そのままの自分で良いのだ」と自己肯定感を育てていけるからです。

「認める」概念を変えることで見える世界が変わっていきます❣️



最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page