• くみせんせい

歌いながらリズム打ち@年中さん

レッスンを始めて2ヶ月になる年中さんの生徒さんです。



歌いながら歌とは違うリズムを打つ「複リズム」という活動です。



ピアノは右手と左手が違うリズムで弾きます。

同時に違うリズムを身体で感じ取ることが演奏につながっていきます。



この活動は初めての生徒さんですが、とっても上手にできました♪♪




最新記事

すべて表示

子どもの頃に「褒められて育つ」より「感謝されて育つ」と その感謝された経験が 「人の役に立ちたいと思い続ける子」を作っていきます。 例えば親が台所仕事をしていると、「やりたい」「できるようになりたい」と言ってきます。 調査によると5歳がピークで、9歳頃には言わなくなります。 子どもには「労働」と「遊び」の区別がつきません。 台所仕事をさせることで、子どもは「遊び」ながら「勤労意欲」を身に付けます。