top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

楽譜は世界共通の言語

ピアノなどの楽器を演奏するには、楽譜が読める方が何かと便利ですよね。

日本語や英語などの言葉も読む、書く、話す、聞くことで覚えていきますが、楽譜も言葉と同じように音符を読んだり書いたり聴いたり歌ったりして覚えます(←これがソルフェージュです)。

楽譜を読めるようにすることはひとつの新しい言葉を覚えるようなものです。

⁡楽譜は世界共通ですから、言葉が分からなくても世界中の人と音楽を通して交流できるということです。これってすごくないですか?😍

あなたも「音楽」という言葉で世界を広げてみませんか?

最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page