top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

東大生の習い事ベスト3

現役東大生が子どもの頃に習っていたのは

1位 スイミング

2位 ピアノ

3位 英語・英会話

というアンケート結果が出ているそうです。

ピアノの習い事は集中力ややりきる力が身に付きます。また、ピアノを始め手先を使う習い事は脳への刺激にもつながるとも言われています。

⁡実際に東大生はもちろん、難関の大学附属校に通う子もピアノを習っていたという子は多いそうです。

ピアノを練習することは小さな課題を自分なりにクリアし、成功体験を積み重ねていく経験です。発表会などに向かって努力を重ねることはもちろん、人前で集中して自分の力を披露する経験も得られます。

「自分はやればできる❣️」という自己肯定感が、多くの東大生の受験勉強に打ち勝つ原動力になったのです💪

最新記事

すべて表示

弾き合い会@木、土曜日チーム

先日開催した【新年弾き合い会】後半の木曜日、土曜日チームの生徒さんの様子を紹介します🌈土曜日は人数が多いので男子チームと女子チームに分けて行いました。 ⁡ 今回は1人ずつ演奏した後 ・音楽に関する問題を1人1つずつ作り、みんなで答える ・音楽かるた の2つをして遊びました。 みんなそれぞれ調べて面白い問題を作ってきてくれて、私も知らなかったことを教えてもらいました♪音楽かるたも、小さな子は大きい

自分で決めることで自己肯定感が上がる

「自分で決断する」ことは結果の成功・失敗に関わらず、自己肯定感や人生の満足度につながります。 人生は常に新しい経験の連続です。経験を左右する情報が世の中にはあふれていて、情報との付き合い方で行動が変わります。 ⁡ 情報に流されるのではなく、その一つ一つに自己決定=決断力を働かせて情報をうまく使う。それによって人生の目的の達成率も上がります。 ⁡ 日々の生活の中で「決める」を意識的にしてみましょう✨

bottom of page