top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

思い出に残るピアノの先生

私はこれまでに何人もの先生にピアノの指導を受けてきましたが



一番印象に残っているのが

私に「ピアノの先生になったら?」と声をかけてくれて

この仕事を目指すきっかけをくださった

最初に習った先生です。



先生は教室内で歩いたりリズムステップをしたりと

今から思えば当時としては珍しい?リトミックを取り入れたレッスンをされていました。



レッスンで使っていたリズム積木やスタンプなどのグッズを使うのが楽しくて

欲しいな〜と思っていた記憶があります。



意識はしていませんでしたが、自分が子どもの頃受けていて楽しかった

先生と同じようなレッスンを今教室でしているのかも?



5歳の時に最初に習った先生が

私をピアノを好きにしてくれて、将来を決めてくれました。



私も生徒さんの記憶に残る、楽しいレッスンをしていきたいです♡


最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page