• くみせんせい

思い出に残るピアノの先生

私はこれまでに何人もの先生にピアノの指導を受けてきましたが



一番印象に残っているのが

私に「ピアノの先生になったら?」と声をかけてくれて

この仕事を目指すきっかけをくださった

最初に習った先生です。



先生は教室内で歩いたりリズムステップをしたりと

今から思えば当時としては珍しい?リトミックを取り入れたレッスンをされていました。



レッスンで使っていたリズム積木やスタンプなどのグッズを使うのが楽しくて

欲しいな〜と思っていた記憶があります。



意識はしていませんでしたが、自分が子どもの頃受けていて楽しかった

先生と同じようなレッスンを今教室でしているのかも?



5歳の時に最初に習った先生が

私をピアノを好きにしてくれて、将来を決めてくれました。



私も生徒さんの記憶に残る、楽しいレッスンをしていきたいです♡


最新記事

すべて表示

子どもの頃に「褒められて育つ」より「感謝されて育つ」と その感謝された経験が 「人の役に立ちたいと思い続ける子」を作っていきます。 例えば親が台所仕事をしていると、「やりたい」「できるようになりたい」と言ってきます。 調査によると5歳がピークで、9歳頃には言わなくなります。 子どもには「労働」と「遊び」の区別がつきません。 台所仕事をさせることで、子どもは「遊び」ながら「勤労意欲」を身に付けます。