top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

子どもの目線で接する

「子どもの話を聞く」ことは大切ですが、子どもに限らず誰が相手でも人の話ってあまり聞かないですよね😅

⁡自分では聞いてあげているつもりでもしょっちゅう口を挟むものです。

特に子ども相手だと話がなかなか進まなかったりするので、つい焦って聞かずに遮ってしまいがちです。

子どもは自分の話を否定されたことで大人が思っている以上に傷つきます。

⁡子どもにしてみれば親や先生からコメントが欲しいわけではない。

⁡ただ話をちゃんと聞いて受け入れてもらいたい。それだけです。


だから口を挟まないだけではなく「ちゃんと聞いているよ」というサインは出さなくてはいけません。

相槌を打ってあげたりオウム返しにしてあげたり、「大変だったね」と声をかけてあげたりすると良いですよ❣️

最新記事

すべて表示

♪リズム感を身に付ける方法♪⁡

あなたはお子さんに「リズム感を付けて欲しい」 と思いますか? ⁡ リズム感が身に付くと音楽だけでなくダンスやスポーツ、語学など色々なことに役立ちます。 ⁡ そんなリズム感を付けるには⁡ / 小さな頃から色々な音楽をたくさん聴く \ をおすすめします💕 ⁡ クラシックでなくてもジャンルは何でも良いですよ〜お好きな曲でOK♪ ⁡ お歌もたくさん歌って欲しいです。下手でも良いのです☺️ 子どもはお母さ

2拍子のダンスとリズム@年長さん⁡

足で2拍子のダンスステップをしながら手で♫♩と打つ「複リズム」の活動です。 ⁡ 手と足が同時に違うことをするのは初めは難しいですが、慣れてくると楽しくなります😆 2つの違うリズムを身体で感じ取る経験は、両手で違う動きするピアノを弾く時に役立ちますよ♪ ⁡ 年長さんの生徒さんも初めてやってみました。頑張っています❣️ ⁡

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page