top of page
  • くみせんせい

子どもの成長に必要なのは「褒める」より「◯◯」

子どもの頃に「褒められて育つ」より「感謝されて育つ」と



その感謝された経験が

「人の役に立ちたいと思い続ける子」を作っていきます。



例えば親が台所仕事をしていると、「やりたい」「できるようになりたい」と言ってきます。

調査によると5歳がピークで、9歳頃には言わなくなります。



子どもには「労働」と「遊び」の区別がつきません。

台所仕事をさせることで、子どもは「遊び」ながら「勤労意欲」を身に付けます。



そこに「自分は人の役に立っている」という快感まで伴うのですから

これ以上の健全育成の基礎作りはないですよ♪



「褒める」より「感謝する」



子どもに「ありがとう」と言って育ててみませんか?

最新記事

すべて表示

ピアノは弾けるようになるまでに時間がかかります。 なかなか思うように弾けなくて もう嫌だ! 辞めたい( ; ; ) と思うこともあるかも知れないです。 でもすぐにはできないから 何度も繰り返して練習してできるようになっていくものです。 すぐにできないからこそ できるようになったら一生自分のものとなります。 逆に簡単にできるものはすぐに忘れて 何も身に付かないです(;´д`) 弾けるようになるまで

あなたは「ピアノは女の子の習い事」と思いますか? 最近はピアノなどの楽器を習う男の子も増えてきましたね。 教室でも3分の1弱が男子です。 我が家の専門学校生の次男もギターを習っています。 ピアノは他楽器とは違い どんな体格の人でも同じ楽器を使いますので やはり手が大きくて指が長く、力がある方が有利です。 だから本来は男性向きの楽器ですよ♪ この子はピアノや音楽に興味がありそう! でも落ち着きがない

bottom of page