top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

ポジティブな伝え方で子どもは変わる

ピアノの練習を子どもに任せて

黙って見守っていようと思ったいたのについつい



早く練習しなさい!

ちゃんとやったの?

まだこれしか進んでないの?



などと言ってしまっていませんか?



同じ内容を伝えるにしても



早く練習しなさい!

そろそろ練習取り掛かろう!



ちゃんと練習やったの?

練習やっちゃおうか!



まだこれしか進んでないの?

ここまで進んだんだね!頑張っているね!



という感じで、伝え方を変えるだけでも

受け取り側の印象はずいぶん違います。

ポイントは

「ポジティブな伝え方」です。



ポジティブに伝えることで

・やる気アップ

・自信アップ

・主体性アップ

の3つの効果が期待できます。



ポジティブな言葉は、多くのことを好転換させてくれるスイッチです!

最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page