top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

中学生以降もピアノを続けて欲しい理由

ピアノは低年齢から習う子が多いですが、中学生になるまでに辞めてしまう子も多いです。

⁡でも、私は中学生以降の子こそピアノを続けて欲しいと思っています。

先日教室の中学生の生徒さんに話したことをお伝えします⬇️⬇️

********************************

確かに勉強は大切ですし、やらなければならないことです。

⁡でも、高校や大学で人生が決まるわけではないです。

何なら社会人になってもそれで人生が決まるわけではない。

大人になって仕事と家の往復だけの人生で良いですか?

他に何もできなくて楽しみがなくて良いですか?

そのために音楽があるのです。

先生はみんなに勉強や仕事だけの人になって欲しくないんです。



**********************************


私は成人した息子たちを見ていて、学歴や勉強は必要だけどそんなに重要じゃないな〜と思いました。

どの学校に進んだとしても、自分次第で道は切り開けます。

その力をピアノという習い事で身に付けられると信じています✨

最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page