top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

リズム打ち@年長さん

楽譜が読めるようになるには

・音符(ドレミ)が分かる

・リズムが分かる

の両方が必要です。


教室ではリトミックの動きを通して少しずつ経験していますが、実際の音符を見てリズム打ちができるようにしています。

年長さんの生徒さんも1人で音符を見ながらリズム打ちを頑張っています❣️




最新記事

すべて表示

♪リズム感を身に付ける方法♪⁡

あなたはお子さんに「リズム感を付けて欲しい」 と思いますか? ⁡ リズム感が身に付くと音楽だけでなくダンスやスポーツ、語学など色々なことに役立ちます。 ⁡ そんなリズム感を付けるには⁡ / 小さな頃から色々な音楽をたくさん聴く \ をおすすめします💕 ⁡ クラシックでなくてもジャンルは何でも良いですよ〜お好きな曲でOK♪ ⁡ お歌もたくさん歌って欲しいです。下手でも良いのです☺️ 子どもはお母さ

2拍子のダンスとリズム@年長さん⁡

足で2拍子のダンスステップをしながら手で♫♩と打つ「複リズム」の活動です。 ⁡ 手と足が同時に違うことをするのは初めは難しいですが、慣れてくると楽しくなります😆 2つの違うリズムを身体で感じ取る経験は、両手で違う動きするピアノを弾く時に役立ちますよ♪ ⁡ 年長さんの生徒さんも初めてやってみました。頑張っています❣️ ⁡

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page