top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

プラス思考な子になるポジティブな声かけ3選

①いつも頑張っているね

もし子どもがいつも頑張っているつもりだったのに今回のことだけ褒められてしまったら、「ここまで頑張らないと認めてもらえないんだ」と思ってしまうこともあります。

伝える際には「いつも」と時間軸を長くしてみてください。


②◯◯も□□も良いね

いつも一緒にいる大人が子どもに対して「絵は上手だね」と言ったとして、子ども自身が歌も上手だと思っていたとしたら、歌への自信がなくなってしまうかも知れません。

その子の出始めた芽を摘んでしまわないよう、「◯◯も」に変換していきましょう❣️


③存在を全肯定

何か頑張って行動をしなくても、その子自身の自然な姿を「可愛い」「優しい」などポジティブな声かけで受け止めてあげてください。


そうすることで安心感が生まれ、プラス思考になって自己肯定感が上がり、何かと比べなくても満足できるようになりますよ✨✨



最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

댓글


댓글 작성이 차단되었습니다.
bottom of page