top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

ピティナ・ピアノステップ参加レポート

教室では今月末に発表会を開催しますが、発表会に先立って私が人前で演奏する機会を作りたくて、毎年この時期にピティナ・ピアノステップに参加しています。

今回も「名古屋栄冬季地区」名古屋まで遠征です😁



私がピアノを始めたばかりの子どもの頃からの憧れだった曲、ショパンの「革命のエチュード」40年の時を経て挑戦しました!


本番では練習とは違い、全然思うように弾けなかったですが😅

今回は意外に?緊張せず、長年の憧れだった曲を弾ける喜びを噛み締めながら弾けました♪



自分が生徒さんと同じようにステージに立ち、人前で演奏する経験を積むことで、発表会に出る生徒さんの気持ちがとてもよく分かります。



緊張するな〜

嫌だな〜

できなかったらどうしよう

逃げ出したい(?)(←自分で申し込んでおきながら)


と思うのは生徒さんと同じです🤣



ですが、やり切った後はやっぱり



楽しかった

頑張った

また挑戦したい

次はどんな曲を弾こうかな?



と思うのです。



出来栄えは関係なく「私はよくやった!頑張った!」と思えることが、自己肯定感を高めることにつながります。

生徒さんにもそんな経験をたくさんして欲しいです。



私もまだまだたくさんの曲を弾きたいし、もっと弾ける先生になりたいです💕

あなたも今はまだ全然手が届かない憧れの曲も、いつか必ず弾けるようになります。

一緒に楽しみながら続けていきましょう❣️




ピアノの写真


最新記事

すべて表示

♪リズム感を身に付ける方法♪⁡

あなたはお子さんに「リズム感を付けて欲しい」 と思いますか? ⁡ リズム感が身に付くと音楽だけでなくダンスやスポーツ、語学など色々なことに役立ちます。 ⁡ そんなリズム感を付けるには⁡ / 小さな頃から色々な音楽をたくさん聴く \ をおすすめします💕 ⁡ クラシックでなくてもジャンルは何でも良いですよ〜お好きな曲でOK♪ ⁡ お歌もたくさん歌って欲しいです。下手でも良いのです☺️ 子どもはお母さ

2拍子のダンスとリズム@年長さん⁡

足で2拍子のダンスステップをしながら手で♫♩と打つ「複リズム」の活動です。 ⁡ 手と足が同時に違うことをするのは初めは難しいですが、慣れてくると楽しくなります😆 2つの違うリズムを身体で感じ取る経験は、両手で違う動きするピアノを弾く時に役立ちますよ♪ ⁡ 年長さんの生徒さんも初めてやってみました。頑張っています❣️ ⁡

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page