top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

テキストは多めに使います⁡

ピアノが弾けるようになるには音符を読めるようにしたり、リズムを打てるようにしたり、音楽記号などを覚えたり、演奏のテクニックを身に付けたり、たくさん覚えることがあります。



そのためのテキストが色々出ていますので、生徒さんの個性やりたいことや強化したいところなどに合わせて選んでいて、生徒さんそれぞれに違うこともありますし、割とたくさんのテキストを持っていただいています。平均して1人4冊ほど同時に使っています。



自分で楽譜が読めるようになって、自分の力で音楽を楽しめる力が付くレッスンをしています❣️


最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page