top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

まねっこリズム@年長さん

先生の真似をしてリズムを打つ活動です。



一定のテンポの中で打つ場所も次々と変えて、真似して打ちます。



先生はリズムの言葉を言わなくても

生徒さんは聴いたリズムが何なのか判断して言っています。



真似をするところから学びは始まります。

リズムも真似して打てることが大切です♪




最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page