top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

お月謝込み込みシステムのメリット

ななピアノ・リトミック教室ではピアノ教室としては珍しい、教材費や発表会参加費など、ピアノを習うのにかかる全ての費用がお月謝に含まれた


【お月謝込み込みシステム】⁡



を導入していますが、今回はお月謝込み込みシステムのメリットをお伝えします❣️



①小銭を用意する必要がない⁡

お支払いはお月謝のみですので、お釣りのないようにと小銭を用意する必要がありません!テキストが変わるたびに支払いをする必要もなくて楽ちん✨保護者様からもご好評いただいています♪


②教材を使えば使うほど上達する=お得になる

ピアノの教材はたくさんの種類があり、これらを使っていくことで上達していきます。これが教材費が別となると「またお金がかかるの💦」「まだこの前買ったばかりなのに」と思われることはありませんか?



言葉には出さなくても、お母さんが思っていることを子どもは敏感に察知します。

私が本が新しくなったらお金がかかってお母さんが困る、私はピアノがうまくなったらダメなのかな?と子どもが思ってしまう可能性があります。



でも、教材費がかからなければどれだけ使っても支払いは変わらないので、おうちの方としたらどんどん使ってもらった方がお得になりますよね?😁

つまり、お子さんにもっとピアノが上達して欲しいと心の底から思えるようになります❣️


③テキストが合わなかったとしても、費用のことを気にせず気軽に他のものに変更することができて、テキストに対する自由度が上がる

テキストが合わないということは度々起こります。場合によっては生徒さんのピアノに対するモチベーションにも影響します💦



合わないテキストを「もったいないから」と使い続けるストレスはなくなり、生徒さんもニコニコ😊保護者様としても追加で費用がかかることもなく安心です♪



④楽譜は財産

本来「楽譜は買うもの」です。例え1曲しか弾かなくても、何曲も入った本を買うべきなのです。

お金を出して買った本って、お金を出して買った楽譜って、楽譜自体を大切にするし、その曲自体も大切にすると思うのです。



コピーだとどうしても破れたりくしゃくしゃになったり失くしちゃったり💦そして経年劣化して音符見えなくなる🤣



教材費がかからなくなれば、気兼ねなくどんどん楽譜を持っていただけるようになります。



何曲も載っている本の中でもその曲しか弾かないかも知れないですが(むしろその確率が高い)、レッスンでは弾かなくてもおうちで弾いて自由に楽しむこともできますし、自分でたくさん譜読みすればするだけ読譜力は上がりますし、知らなかった曲を知るきっかけにもなります。



生徒さんたちにもそんな財産を、費用を気にすることなくたくさん作って欲しいと思うのです



最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page