top of page
  • くみせんせい

「自己肯定感を高める」を目指している理由

教室では



ピアノの上達とともに自己肯定感が高い子を育てる



ことを目指していますが



なぜかというと

私自身が超自己肯定感が低い子どもだったからです!



とにかく自分に自信がなかったです。

顔も頭も良くないし

運動もできないし

友達も少ないしモテないし(;´д`)

良いところなどないと思っていました。



でもピアノだけはどんどん弾けるようになって

私にもできることがあるんだと勘違いして(笑)



ピアノがあったから、私は私でいられたのかも知れないです。



現代は大人も子どもも忙しくて余裕がなく

自己肯定感が低い人が多いです。



本当は誰でも

良いところがたくさんあるのに

できることがたくさんあるのに



「私なんて〜」と言う人がなんて多いことか。

もったいないですよ!



以前の私も「私なんて」と言うことが多かったですが

それは自分で自分の可能性を否定しているということですよね。



生徒さんたちだけでなく保護者の方も

自分を信じ、認め、許し

自分らしく生きて欲しいと思うのです。

最新記事

すべて表示

ピアノは弾けるようになるまでに時間がかかります。 なかなか思うように弾けなくて もう嫌だ! 辞めたい( ; ; ) と思うこともあるかも知れないです。 でもすぐにはできないから 何度も繰り返して練習してできるようになっていくものです。 すぐにできないからこそ できるようになったら一生自分のものとなります。 逆に簡単にできるものはすぐに忘れて 何も身に付かないです(;´д`) 弾けるようになるまで

あなたは「ピアノは女の子の習い事」と思いますか? 最近はピアノなどの楽器を習う男の子も増えてきましたね。 教室でも3分の1弱が男子です。 我が家の専門学校生の次男もギターを習っています。 ピアノは他楽器とは違い どんな体格の人でも同じ楽器を使いますので やはり手が大きくて指が長く、力がある方が有利です。 だから本来は男性向きの楽器ですよ♪ この子はピアノや音楽に興味がありそう! でも落ち着きがない

bottom of page