top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

「こんな私が好き」と思えるように

人は誰でも仕事や人間関係でうまくいったり充実感を感じたりする時に自己肯定感が高まり、逆に失敗したら低くなります。

常に自己肯定感が高い人はいません。誰もが上がったり下がったりしながら生きています。

⁡事実と解釈に距離があるのは等身大の自分と向き合ったことがない、または受け入れられていない可能性が高いです。

等身大の自分に直面し、事実を明らかにしたらダメな自分に落ち込むかも知れませんが、落ち込むことが間違いでもありません。

⁡自分の良いところもダメなところも把握した上で「選択」し、ダメな自分も受け入れた上で

「こうありたい」を選べる力が本当の「強さ」です。

強さを手に入れるにはメンタルを鍛えなければと思いがちですが、目に見えないメンタルを自分で鍛えるのはとても難しいです💦

⁡だから「こんな私が好き」と思える態度や行為を選んでみましょう❣️

人は空を見上げながら悩むことはできません。行為や行動、態度は心に強く影響します。

最新記事

すべて表示

♪ボールつき@3年生♪

ピアノ教室なのにボール?と思われるそこのあなた! 拍子を感じ取る活動でボールはよく使います🎾 ⁡ 子どもたちもボール好きですよね〜楽しそうに取り組んでくれます♪ ⁡ 新3年生の生徒さんがボールをついて、取って、上げるをしながら 3拍子の歌を歌っています。 ボールをつく時のエネルギーと3拍子の1拍目が強くなる感覚とリンクしています。 動くことで音楽の要素を経験するのがリトミック。 それが音楽的に楽

♪グレードやコンクールを目指さない理由♪⁡⁡

ななピアノ・リトミック教室では基本的にグレード受験やコンクール参加を目指していません。 ⁡ なぜかというと音楽は自由なものだと考えているからです。 ⁡ 私自身は大学に入るためや講師資格を取るためにグレードや試験を受け続けてきました。 ピアノの先生になるためなのでそういうものだと思ってやってきましたが本来音楽はもっと 自由で楽しいものですよね。 生徒さんたちには試験のためや入賞するための決められたも

Σχόλια


Ο σχολιασμός έχει απενεργοποιηθεί.
bottom of page