top of page
  • 執筆者の写真くみせんせい

「あなたはそのままで良い」の本質

「あなたはそのままで良いよ」という言葉の本質は、「あなたが生きていてくれて私は嬉しい」ということです。

子どもとの暮らしの中で親が子どもの存在をどう受け止めているか。

⁡「親は自分がいるだけで嬉しいと思ってくれているんだ」と子どもが感じられることが一番確かなメッセージになります♡

どうしたら良いかというと、親が機嫌良くしていることです。

⁡そうすることで子どもは「親は自分が生きていることを嬉しく思っている」「自分はこのままで良い」ということを心と身体で理解していきます。

子どもと暮らせる時間、子どもが子どもでいるわずかの時間を大切に過ごせるように、自分の心の状態を良いものに保つ努力をすること。

⁡その努力をしている親の姿を子どもは間近で見ながら育っていきます❣️

最新記事

すべて表示

子どもを伸ばすために大切な「評価すること」

「評価する」というのは、どこができてどこができなかったのかを明確に伝えることです。 ⁡ 親が子どもを評価する場合毎日見ているので、子どもの機嫌が悪かったり、たまたま集中していなかったことに対して怒ってしまって、正しく評価することが難しいかも知れないです💦 ⁡ 褒めることは大事なことですが、あまり褒めすぎると子どもは「親は褒めるために自分と話している」と思うこともあります。また、褒めすぎるとちょっ

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page